オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

屋上防水工事についつー都内マンションの工事はLASー

 

55161256-6F5D-45A2-AAF0-610639FEB52C
冬にむけて気温が下がり乾燥した気候になる日本では、建物もその影響を大きく受けます。雨や雪の影響を直接受ける屋上では、経年劣化により防水膜が薄くなり、その状態で冬に乾燥してしまうと、劣化していた箇所の剥離やひび割れ、汚れやサビとなって本来の防水性を発揮できなくなります。そういった箇所からの水漏れによる被害を防ぐためにも、劣化状態のチェックを行うことがとても大切です。今回はこの屋上防水について詳しくご説明致します。

 

 

 

 

○劣化状態について

CD1F068A-9BB7-4D5E-97FB-63F32D6C48C9

 

こちらは以前行った工事施工前の屋上の写真です。汚れや錆びなどの劣化が目立ち、防水膜も均一でなく、薄くなって剥がれている箇所が多く見られます。このような状態の屋上は、放って置いてしまうと劣化箇所からひび割れが生じ、建物内部へと雨水が侵入する原因となります。

 

 

 

 

 

 

○屋上防水工事の流れ

 

屋上防水工事では、まず劣化状態の調査から始まります。既存の防水膜下地(劣化が見られる状態のもの)を除去した後、高圧洗浄機で汚れを落として綺麗な状態にします。そして次に、屋上の劣化状態に合わせて樹脂を用いてひび割れや亀裂に修繕を施し、防水材を塗料する前のベースをしっかりと作ります。下地処理が整った後、プライマーと呼ばれる接着剤を塗布し、通気緩衝工法を必要とする場合には、通気緩衝シートを貼り付けていきます。そしてその上から防水材を二回にわたって塗布し、最後にトップコートを重ねて完成です。

 

5520C2BE-758B-4F8E-B6AE-E60E5FFD17E8

 

○防水材の種類

 

 アスファルト防水 耐用年数:約17〜20年 

  アスファルトに合成繊維不織布を含ませて作ったシート状の建材を貼り重ねる工法で、防水性が高く、耐用年数がほかの工法と比べて比較的長いのが特徴です。

② ウレタン防水 耐用年数:約10〜12年

最も多く見られる工法です。太陽光に反射効果を持つ、遮熱塗料の塗布が可能で、面積が広い屋上では、コストパフォーマンスが上がります。ウレタン防水を紫外線劣化から保護するため、表面にトップコートと呼ばれる保護材が塗られており、そのトップコートを定期的に塗る必要がありますが、定期的にトップコートを塗ることで防水層の劣化速度を遅くし、結果的に建物のランニングコスト低下につながります。

 

③ FRP防水 耐用年数:約10年

補強した繊維強化プラスチックを用いた工法で、強度な防水層が形成できます。軽量という特徴もあり、木造の屋上への施工が適している場合が多く見られる工法です。こちらも定期的にトップコートを塗ることで長期なコストパーフォマンスの向上が可能です。

④ 塩ビシート防水 耐用年数:約10〜13年 

塩化ビニールから作られた防水シートを下地に貼り付けて行う工法です。シートが変芸自在なため、狭い場所や、複雑な形状をしたところにも施工可能なのが特徴としてあげられます。また耐久性が高く、施工時の美しい状態を維持しやすいという特徴があります。

⑤ ゴムシート防水 耐用年数:約10〜12年

合成ゴムから作られた防水シートを下地に貼り付けて行う工法です。塩ビシート防水とは異なって狭い場所や複雑な形状をした場所の工事には向いていませんが、工期が短期間で済み、施工しやすく、コストが抑えられるといったメリットがあります。

 

 

 

 

○作業の流れ

劣化状態のチェック

下地処理

プライマー塗布

防水材塗布

トップコート

工事完了

お引き渡し

 

工事完了後、状態を確認いただいてからのお引き渡しとなります。

 

 

 

 

○まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。これから冬本番を迎える前にも、一度劣化状態の確認を行い、本来の防水性を保てるようにメンテナンスを行いましょう。弊社では工事に関するご相談から、現場の状態調査まで、無料で承っております。気になる点がございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

[関連記事]

ーー火災保険活用でマンションの修繕費用が抑えられる?ーー

ーーマンション大規模修繕工事についてーー

 

[保険申請や工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

 

 

 

 

塗床工事の種類や特徴ー都内の工事はLASー

 

塗床工事とは、床を様々な用途に合わせた床材に改修する工事を指します。人体や環境に影響の少ない塗床材を塗布し、滑りにくく抗菌性のある仕上げや、対熱性・耐久性のある床に仕上げることができるのがこの工事の特徴です。今回はこの塗床工事について、手順や塗料の種類など、詳しくご説明致します。

91196714-A262-46A9-A9A6-6C3FFE19CCFA

[目次]

○工事について

○工事を施すメリット

○塗料の種類

○作業の流れ

○工事を行うにあたってのポイント

○まとめ


○工事について

 工事のおおまかな流れとしては、まず床の下地処理から始まります。既存の古い塗膜や劣化した下地を全て削り取り、健全で密着性の高い新たな下地を作ります。下地処理によってきちんと土台を完成させた後、コテを使って塗床材を塗り、用途に合わせて樹脂を重ね、耐久性を強化します。仕上げにコーティング材を塗布し、劣化による剥離を起こりにくくさせ、さらに耐久性や塗床材の効果を強化します。

○工事を施すメリット

 主な工事のメリットとしては、床をそれぞれの用途に合わせた状態に仕上げることができることです。具体化しますと、

・滑りにくい加工

・耐衝撃性

・耐熱性

・防水性

・ホコリが発生しにくいクリーン加工

・耐薬品性

など、様々な加工に仕上げることが可能です。

また床自体を強化するため、劣化によるひび割れや剥離を発生しにくくし、建物自体の老朽化を防ぎます。

 


○塗料の種類

 弊社が塗床塗装で用いる塗料は主にエポキシ樹脂、ウレタン樹脂の2種類です。これらの樹脂はひび割れの修復剤としても用いられる樹脂で、強力な耐久性を持ち合わせています。


[エポキシ樹脂]

  塗床工事の塗料の中で最も幅広く用いられるのがエポキシ樹脂です。耐久性に優れ、床材コンクリートの約5倍もの強度を持ちます。シームレスで光沢のある仕上がりを特徴とし、耐摩耗性や耐薬品性も強く、また耐油性に優れているため、常にクリーンな状態を保つことができます。

[ウレタン樹脂]

 無溶剤であるため工事中の臭いが気になりにくいウレタン樹脂は、エポキシ樹脂よりもひび割れや亀裂が起きにくい特徴を持ち合わせています。エポキシ樹脂と同様に、優れた強度と耐久性、耐薬品性を兼ね備えている他、耐熱性効果も抜群です。

これらの樹脂を用いて、床に厚膜防水加工を施す場合は塗材をコテやローラーなどでムラなく塗布しその上に専用の上塗り塗材でコーティングします。厚膜防水とはビルの屋上やベランダなどで多く用いられる防水工法です。液体素材の為、施工面の起伏にかかわらず密着する事ができます。


○作業の流れ

現場の劣化状態調査

お見積もり作成

下地処理

プライマー塗布

塗床樹脂剤塗布

仕上げコーティング

工事完了

お引き渡し

工事完了後、状態を確認いただき、ご納得いただけましたらお引き渡しとなります。

○工事を行うにあたってのポイント

塗床工事を行うにあたり、用いる塗料により工事中に匂いが発生する場合があります。そのため、建物の居住者の方には事前に説明をして理解を得ておくことをおすすめ致します。

 


○まとめ

 最後までお読みいただきありがとうございます。弊社では工事のご相談から、現場の状態調査まで無料で承っておりますため、ご希望の仕上がりのイメージなども建物の状態に合わせてご相談いただけます。気になる点やご希望があれば、ぜひお気兼ねなくご連絡ください。

[関連記事]

ーー火災保険活用でマンションの修繕費用が抑えられる?ーー

ーーマンション大規模修繕工事についてーー

[保険申請や工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

マンション大規模修繕工事についてー株式会社LASー

 

 

人間と同じ様に、建物も年数を重ねることで様々な箇所に劣化が生じます。屋根や屋上・外壁など、直接外に面している箇所は、雨風や紫外線による乾燥のダメージを受けやすく、経年劣化により防水膜の剥がれやひび割れが生じやすいのが特徴です。そんな自然災害の影響を受けて工事が必要になった箇所に関しては、実はきちんと申請を行えば、火災保険を適用して工事費用抑えることも可能です。そしてその抑えた分の費用を保険が適用されない箇所の工事費に当てることで、より充実したメンテナンス工事を施すことができます。上手に保険を適用して工事を施すことによって、劣化箇所から引き起こされる様々な被害から建物を守り、いつまでも綺麗に不動産価値を保ちましょう。

 

 

 

Fotolia_207647967_Subscription_XXL-960x640

 

 

[目次]

○大規模修繕工事とは

○工事の費用と火災保険について

○外壁のタイル張り替えについて

○工事の大まかな流れ

○まとめ

 

 

 

 

 

○大規模修繕工事とは

 

大規模修繕工事とは、屋根や外壁などの経年劣化や不具合がみられる箇所の修繕を行い、マンションの耐久性や強度を建設当初の水準に戻すことを目的とした工事のことを指します。建物の状態を建設当初の水準まで戻すことによって、耐久性だけでなく外観のイメージを守り、不動産価値の維持に繋がります。

工事のタイミングは建物の大きさや劣化度合いにより異なりますが、約10〜15年ごとに1回を目安として行います。

 

 

 

○工事の費用と火災保険について

 

足場を組んでマンション全体に工事を施す大規模修繕工事は、作業が大掛かりである分かかる費用も大きいですが、保険を上手く活用して工事を行えば大幅に費用を抑えることができます。

火災保険を適用して工事を行うには、まず施工箇所となる部分の劣化状態の調査から始まります。申請の流れとしては、補修が必要な箇所を証拠として写真に残し、現地調査報告書の提出や工事見積書を作成して鑑定人とやりとりを適切に行います。その後保険適用となる範囲が決定され、工事のプランが作成されます。

弊社では保険の申請から工事プランの作成、そして工事まで全て一貫して行なっています。そのため保険の申請と工事施工をそれぞれ別の業者に依頼して工事を行うより、申請箇所の漏れや修繕箇所の伝達漏れが大幅に少なく、安心して大規模な修繕工事を行うことができます。

 

以前別の記事で火災保険が適用となる工事の種類やポイントについて詳しく説明いたしましたので、気になる方はぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

ーー火災保険活用でマンションの修繕費用が抑えられる?ーー

 

 

 

 

 

○外壁タイルの張り替えについて

 

マンションの外観となる外壁タイルは、年数を重ねタイルと外壁の間に隙間が生じます。その見た目からだけでは浮きや経年劣化のサインを発見することが難しく、放って置くとタイルが剥がれ落ち、第三者が怪我をする被害へと繋がり兼ねません。

大規模修繕工事における外壁タイルの張り替えでは、まずハンマーで打診調査を行いながら、ひび割れや浮きの状態を確かめます。調査後、高圧洗浄や洗浄剤を用いて既存タイルを傷つけないように表面の汚れを落としていきます。その後工法に合わせて、劣化部分を修繕し、外壁用の保護材を塗布してタイルを補強します。最後に施工箇所の状態確認を行い、工事完了となります。

 

 

 

 

○工事の大まかなな流れ

 

建物の調査・診断

用いる工事や工法の決定

火災保険適用箇所の申請

費用などの見積書の作成

ご契約

下地処理

修繕

防水工事

塗装

工事完了

 

工事完了後、確実に施工されているかどうかを依頼者がチェックし、納得できれば引き渡し可能となります。

 

 

 

 

○まとめ

 

最後までお読みいただきありがとうございます。一概に大規模修繕と言っても、その建物の劣化状態にあった工事を施すことがとても大切です。そのため、最初に行う劣化状態の調査から工事までの流れがとても重要になっています。弊社では現場での劣化状態の調査から工事に関するご相談まで、無料で承っております。気になる点がございました、お気兼ねなく、ご相談ください。

 

 

[関連記事]

ーー火災保険活用でマンションの修繕費用が抑えられる?ーー

 

[保険申請や工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

都内マンションの工事ーひび割れ補修はLASー

 

SUN63_hibiwareshitakabetex1320tex_TP_V

 

外壁や屋上、地下室のコンクリート壁など、建物のありとあらゆる場所に現れるひび割れ。放って置くと建物自体の老朽化に繋がるほか、内部への浸水被害のもととなります。様々な2次被害へと繋がる前にも、ひび割れを発見したら修繕を施すことがとても大切です。今回はそのひび割れの種類や原因から、適切な工事方法まで詳しくご説明致します。

 

 

 

[目次]

○ひび割れの原因

○危険性のあるひび割れ

○修繕方法の種類

○工事の流れ

○まとめ

 

 

 

 

○ひび割れの原因と種類

 

地震などの建物に直接影響を与える揺れだけでなく、乾燥や温度変化の影響を受けて、固定されているコンクリートは伸び縮みできなくなり、ひび割れが生じます。またコンクリートの中性化も原因の一つです。元はアルカリ性のコンクリートですが、雨や紫外線にさらされると、中性化が進んでしまうのです。中性化は、コンクリート内部の鉄筋の錆びをもたらし、鉄筋の腐食や老朽化にも繋がります。

 

 

 

 

 

○危険性のあるひび割れ

 

建物に生じた亀裂やひび割れはクラックと呼ばれ、そのクラックの大きさによって危険性が分かれています。国土交通省では0.3mm以下のひび割れを「ヘアクラック」と呼び、0.3mmを超えるひび割れを「構造クラック」と呼んでいます。ヘアクラックは細いひび割れのことで、すぐには重大な欠陥には繋がりにくいひび割れという定義になっています。その反面、構造クラックは構造にまで影響する深刻なひび割れという定義です。マンションにあらゆる工事を施す際、構造クラックはもちろん、大きくなりかねないヘアクラックからひび割れが起きそうな部分までしっかりと修繕を施す事が大切です。

 

 

 

 

○修繕方法の種類

弊社では、エポキシ樹脂・アクリル樹脂・バジリスクを用いて、ひび割れのそれぞれの劣化状態に合った工法で修繕を施します。

 

[エポキシ樹脂]

 構造物や外壁に発生したクラック(ひびわれ)に対しては、こちらのエポキシ樹脂を用いて直接樹脂の注入を行います。強度は比較的バジリスクより強く、ひび割れを徹底的に修復したい場合にはとても適しています。弊社では地下の防水工事だけでなく、外壁やトンネルなど様々な用途での止水工法として、エポキシ樹脂を施しているため、しっかりとした防水効果が見られます。

ースムースエポ工法ー

 ひび割れをまずカッター等で塗膜を軽く削り、隙間を確認した後、エポキシ樹脂をグルーガンのような工具を用いて注入ずる工法です。ピンポイントでひび割れを補修できるので使い勝手が良く、よく市場に出回っている工法です。

 

ーボンドシリンダー工法ー

 BC加圧ゴムの圧力を使って時間をかけてゆっくりと補修材を注入する工法です。確実にひび割れを補修できるため、奥行きの深いひび割れも確実に修繕を施すことができます。

 

[アクリル樹脂]

 コンクリートの状態(ひび割れ幅等)に左右されることなく、0.1mm以下の微細なひび割れにも注入することができる樹脂です。エポキシ樹脂と比べて変異原生物質や環境ホルモン物質を含まないため、比較的に環境に配慮して工事を施工することができます。水濡れしたひび割れ箇所にも対応できるため、エポキシ樹脂で補修できない漏水被害が見られるひび割れ箇所にぴったりの樹脂です。

 

ースーパーJ工法ー

 低粘度型のアクリル樹脂を用いたひび割れ補修工法です。漏水箇所などの水分を含んだ箇所にも施工でき、コンクリートに対する密着性が高い特徴があります。低温度(-10°C)でも硬化するため、ひび 割れ幅が大きくなる冬期および寒冷地での施工が可能であるほか、乾燥や気温変化などによるひび割れの再発を防ぐ効果があります。

[バジリスク]

 バジリスクとは、バクテリアの代謝活動を利用した液状のひび割れ補修剤です。1回の塗布で0.2~0.3mmのひび割れ を、2-3回の塗布で最大0.6mmのひび割れを修復することができます。コンクリート中に特殊なバクテリアと栄養分のカルシウム有機塩を混入することで、コンクリートにひび割れが発生した際にバクテリアの代謝活動によって損傷を自動的に修復してしまう優れた自己治癒技術です。

バジリスクの中に含むバクテリアをまずは乾燥状態にし、その状態にした上でエサとなる乳酸カルシウムといった栄養素と一緒に顆粒化させコンクリート製造時に混入し、コンクリート硬化後ひび割れが発生した場合、雨水などの水分が浸入すると酸素を有する環境下でバクテリアが復活し、栄養分を吸収して炭酸カルシウムを生み出しひび割れを閉塞し、内部の鉄筋腐食を防止することができます。バクテリアの代謝活動で発生した二酸化炭素は、B 剤に含まれるカルシウム分やコンクリート中の未水 和セメントと結合して炭酸カルシウムになり、ひび割れや細孔内部を埋めていきます。

 

 

 

 

○工事の流れ

 

ひび割れの状態調査

用いる樹脂、工法の決定

ひび割れの清掃、乾燥

補修作業

清掃

工事完了

お引き渡し

工事完了後、状態を確認して頂いてからの引き渡しとなります。

○まとめ

 最後までお読みいただき、ありがとうございます。一見些細な劣化に見られる小さなひび割れでも、放っておくと水漏れや浸水など、様々な被害や建物の老朽化に繋がりかねません。そうなる前にも、修繕をきちんと施し、常に建物を綺麗な状態で保つ事がとても大切です。弊社では、工事に関するお電話でのご相談から、現場の状態調査まで、無料で承っております。気になる点がございましたら、どうぞお気兼ねなく、ご相談ください。

[関連記事]

ーーエレベーターピット防水工事[施工例]ーー

[保険申請や工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

外壁タイルの剥落を防ぐ!マンションの工事はLAS

 

マンションの外壁タイルは、地震や台風などの影響を受けることにより徐々に劣化し、年数を重ねタイルと外壁の間に隙間が生じます。その見た目からだけでは浮きや経年劣化のサインを発見することが難しく、放って置くとタイルが剥がれ落ち、第三者が怪我をする被害へと繋がり兼ねません。そうなる前にも、目視確認だけでなくテストハンマー等を用いる打診調査を行い、建物に定期的な補強メンテナンスを施す事がとても大切です。今回の記事ではその外壁タイル剥落防止補強工事について、詳しくご説明致します。

 

IMG_4986

 

 

 

[目次]

○剥落防止工事の流れ

○タイルの隙間の修繕方法

○外壁のひび割れ修繕方法

○外壁防水材の種類とその特徴

○まとめ

 

 

 

 

○剥落防止工事の流れ

 

 外壁とタイルの間に生じた隙間や、外壁のひび割れなどの劣化部分を修繕した後、上から剥落防止となる保護材を塗布する一連の工事が外壁タイルの剥落防止補強工事です。

 まず外観の汚れやタイルの剥がれ・変色等を目視確認し、並行してハンマーで打診調査を行いながら、ひび割れや浮きの状態を確かめます。調査後、高圧洗浄や洗浄剤を用いて既存タイルを傷つけないように表面の汚れを落としていきます。その後工法に合わせて、劣化部分を修繕し、外壁用の保護材を塗布してタイルを補強します。最後に施工箇所の状態確認を行い、工事完了となります。

 

主な作業の流れとしては、

現場の劣化調査

用いる工法の決定

既存タイルの洗浄

薬液注入による劣化部分の修繕

外壁タイル保護材の塗布

工事完了

お引き渡し

となります。

○タイルの隙間の修繕方法

 

外壁とタイルの間に生じた隙間の修繕方法としては、ボンドピニングという工法を用いてエポキシ樹脂を注入し、密着、補強させます。

 

[ボンドピンニング工法]

 エポキシ樹脂注入材とステンレスピンを併用して、外壁のモルタルに生じた浮きや剥がれを修繕する工法です。ハンマー等の打診調査で現場の劣化状態を確認し、用いるアンカーピンの本数と配置を決定した後、コンクリートドリルで定めた位置に穴を開けます。そこにエポキシ樹脂を注入し、アンカーピンを挿入した後、表面をエポキシ樹脂パテで仕上げ、24時間以上養生して修繕完了となります。

○外壁のひび割れ修繕方法

 既存タイルの洗浄後、外壁にひび割れなどの劣化が見られる場合はきちんとひび割れを修繕し、建物内部へと雨水が浸水してくるのを防げるような状態にしておかなければなりません。地震の多い日本では、特に鉄筋コンクリート造の建物にその衝撃によってひび割れや亀裂が多く生じます。 また原因は地震以外にもあり、気温変化や乾燥収縮、コンクリートの中性化といった様々な現象によって引き起こされます。弊社では、エポキシ樹脂・アクリル樹脂・バジリスクを用いて、ひび割れのそれぞれの劣化状態に合った工法で修繕を施します。

それぞれ補修剤の特徴や修繕工法については、以前別の記事でより詳しくご説明しているので、気になる方はぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

ーー都内マンションのひび割れ補修工事!注目のバジリスクとはーー

○外壁防水材の種類とその特徴

劣化部分の修繕後、防水材を塗布して外壁を保護し、防水性・耐久性を高めます。

[スカイコートW]

 水系ウレタン樹脂を主成分とした非常に透明度の高い外壁用の保護材です。ウレタン樹脂の特性である頑丈かつ柔軟性がある特徴をいかして、驚異的なひび割れ追従性と抗張積を備えています。また全ての構成材料が水系であるため、引火や中毒の原因となる危険成分を一切含んでおらず、工事中の居住者様にも環境にも優しいです。

<特徴>

・タイルの外観を維持する高い透明度

・頑丈かつ柔軟な優れた伸縮性

・環境や人間に配慮したオール水系材料

 

 

[セブンS]

 特殊アクリルエマルション樹脂を中塗りに用いた透明度の高い外壁用保護材です。工程を5段階に分けて施工するため、外壁に非常に高い防水性が施すことができます。そのため施行後の雨風の影響に強く、建物を浸水被害から守る効果が期待できます。

 

<特徴>

・優れた防水性で外壁からの浸水被害を防ぐ

・タイルの外観を維持する高い透明度

・5段階に分けて施工する頑丈な補強力

それぞれの建物に合った防水材を塗布後、工事完了となります。

○まとめ

 

n最後までお読みいただきありがとうございます。外観のほとんどを覆っているタイルだからこそ、その見た目は建物の印象になります。いつまでも建物を綺麗に保つためには、外壁の補強メンテナンスを施すことがとても大切です。弊社では、工事に関するご相談から、現場の劣化状態の調査まで無料で承っております。気になる点がございましたら、どうぞお気兼ねなく、ご相談ください。

 

 

 

[保険申請や工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

  

[関連記事]

 ーーマンションの外壁修繕!都内の工事はLASーー

都内マンションの防水工事ー株式会社LASー

 

どんな分譲マンションでも人間と同様に年を取ることで様々な不具合が生じます。日本では雨や雪、台風などの影響により、放っておくと屋外から建物内へ雨水が浸入し、建物の骨格を支える柱や梁(はり)の腐朽、鉄筋の錆などにつながります。一旦雨漏りし始めてしまうと、住宅の傷みが早くなり、修繕費が余計にかかってしまう問題があります。その様な被害に繋がる前にも、外壁や屋上、ベランダなどから水の浸入を防ぐ防水工事によるメンテナンスがとても大切です。前にも、弊社では早めの防水工事を推奨しております。

 

IMG_4488

 

[目次]

○マンションの防水工事について

○防水の種類とその特徴

○工事を行う上でのポイント

○まとめ

 

 

 

 

 

○マンション防水工事について

 

マンションの防水工事は、まず建物の劣化状態の調査から始まります。経年劣化により既存の防水層がどの様な状態であるか、ひび割れや亀裂などが生じていないかを確認していき、本来の防水機能を発揮できるよう、劣化箇所に修繕を施していきます。

雨や台風などの自然災害による影響を受けて工事を必要とすることになった箇所に関しては、きちんと劣化状態を確認して申請を行えば、火災保険が適用して費用を大幅に抑えて工事を行うことができます。

火災保険を申請して工事を行うにあたっては、補修が必要な箇所を証拠として写真に残し、現地調査報告書の提出や工事見積書を作成して鑑定人とやりとりを適切に行う必要があります。

 雨漏りや被害箇所だけでなく、細かなひび割れや目視確認だけでは発見しきれない被害箇所もきちんと申請する必要があるので、知識が少ない個人の方の請求で行うと、被害箇所の漏れや、十分な形として証拠に出来ず、保険対象外と断定されてしまうケースが多く見られます。弊社では現場の劣化状態の調査から保険申請となる箇所の確認、鑑定人とのやりとり、工事まで一貫して行っているので、漏れがなくやりとりにおける被害箇所の漏れ無く工事を施すことができます。

 

以前別の記事で、火災保険適用工事について詳しくご説明しておりますので、より詳細まで確認されたい方は、ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

ーー火災保険適用でマンションの修繕費用が抑えられる?ーー

 

 

 

○劣化部分の修繕について

ひび割れや亀裂などの劣化部分については、それぞれの状態にあった工法を用いて修繕を施します。エポキシ樹脂やアクリル樹脂を用いて補修するやり方のほか、バジリスクという補修剤を用いて補強する場合もあります。

 

[エポキシ樹脂の特徴]

 優れた強度を特徴とする樹脂です。構造物や外壁に発生したクラック(ひび割れ)に対しては、こちらのエポキシ樹脂を用いて直接樹脂の注入を行います弊社では地下の防水工事だけでなく、外壁やトンネルなど様々な用途での止水工法としてエポキシ樹脂を用いており、しっかりとした防水効果が見られます。

 

[アクリル樹脂の特徴]

 コンクリートの状態(ひび割れ幅等)に左右されることなく、0.1mm以下の微細なひび割れにも注入することができる樹脂です。エポキシ樹脂と比べて変異原生物質や環境ホルモン物質を含まないため、比較的に環境に配慮して工事を施工することができます。水濡れしたひび割れ箇所にも対応できるため、エポキシ樹脂で補修できない漏水被害が見られるひび割れ箇所にぴったりの樹脂です。

[バジリスクの特徴]

 バジリスクとは、バクテリアの代謝活動を利用した液状のひび割れ補修剤です。コンクリート中に特殊なバクテリアと栄養分のカルシウム有機塩を混入することで、コンクリートにひび割れが発生した際にバクテリアの代謝活動によって損傷を自動的に修復してしまう優れた自己治癒技術です。ひび割れ内部に深く浸透し、内部からひび割れを修復していきます。1回の塗布で0.2~0.3mmのひび割れ を、2-3回の塗布で最大0.6mmのひび割れを修復することができます。

 

 

○防水の種類とその特徴

 

 建物下地の種類等により、建物が何で作られているか、下地の種類などを加味し、トータル的なコストを考えバランスの良いものを選び当社でお見積りと合わせ、ご提案をさせて頂きます。

 

① アスファルト防水 耐用年数:約17〜20年

ビルの屋上や一般家庭の陸屋根(平面状の屋根)の防水工事によく採用されている工法です。アスファルトに合成繊維不織布を含ませて作ったシート状の建材を貼り重ねる工法で、防水性が高く、耐用年数がほかの工法と比べて比較的長いのが特徴です。

② ウレタン防水 耐用年数:約10〜12年
最も多く見られる工法です。太陽光に反射効果を持つ、遮熱塗料の塗布が可能で、面積が広い屋上では、コストパフォーマンスが上がります。ウレタン防水を紫外線劣化から保護するため、表面にトップコートと呼ばれる保護材が塗られており、そのトップコートを定期的に塗る必要がありますが、定期的にトップコートを塗ることで防水層の劣化速度を遅くし、結果的に建物のランニングコスト低下につながります。

③ FRP防水 耐用年数:約10年
補強した繊維強化プラスチックを用いた工法で、強度な防水層が形成できます。
軽量という特徴もあり、木造の屋上への施工が適している場合が多く見られる工法です。こちらも定期的にトップコートを塗ることで長期なコストパーフォマンスの向上が可能です。

④ 塩ビシート防水 耐用年数:約10〜13年
塩化ビニールから作られた防水シートを下地に貼り付けて行う工法です。シートが変芸自在なため、狭い場所や、複雑な形状をしたところにも施工可能なのが特徴としてあげられます。また耐久性が高く、施工時の美しい状態を維持しやすいという特徴があります。

⑤ ゴムシート防水 耐用年数:約10〜12年
合成ゴムから作られた防水シートを下地に貼り付けて行う工法です。塩ビシート防水とは異なって狭い場所や複雑な形状をした場所の工事には向いていませんが、工期が短期間で済み、施工しやすく、コストが抑えられるといったメリットがあります。

 

 

 

 

○工事を行うにあたってのポイント

 

マンションの防水工事をするにあたり、屋外での作業となるため、騒音以外にも工事中に生じる匂いを遮断することが難しくなります。そのため、事前に近所に挨拶や説明をして理解を得ておくことが大切です。

また防水工事施工後の耐用年数を保つためには、定期的なメンテナンスを行うことがとても大切です。用いる工法の種類によっても異なりますが、施工後5年〜10年の間は、トップコートと呼ばれる保護塗料を上から塗って防水材を守るメンテナンスを定期的に行いましょう。

 

 

 

 

 

○まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。建物をいつまでも長く快適に保つためには、上手に工事やメンテナンスを施すことがとても大切です。弊社では工事に関するお電話でのご相談や、現場の劣化状態の調査まで、無料で承っております。気になる点がございましたら、どうぞお気兼ねなく、ご相談ください。

 

 

 

[保険申請や工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

[関連記事]

ーー都内マンションのひび割れ補修工事!注目のバジリスクとはーー

エレベーターピット防水工事[施工例]

 

 

05C751A8-C953-41E7-8483-90E7A8AABB37

 

こちらは、エレベーターピット防水工事の施工例写真です。
エレベーターピットの防水工事では、ピット内の水溜りの排水処理を行うほか、薬液注入工法による水漏れの止水やひび割れの補修を施し、防水剤を施工することでピット内を頑丈に修繕し直すことを言います。地中にコンクリートを打設して作られるエレベーターピットは建物の最下部にあることから、定期的に点検を行わないと劣化のサインや漏水被害に気づきにくいのが特徴です。地震の影響やコンクリートの経年劣化により、ひび割れが発生すると、そこから建物をつたって雨水などが漏水し、錆びや老朽化など、様々な2次被害へと繋がります。そうなる前にも定期的に状態調査を行い、工事を施すことが大切です。

 

 

 

2CB0109E-271C-429C-90A8-8C6DCBAA70C3

 

こちらは先程のエレベーターピットの工事施工前の写真です。劣化により生じたひび割れから浸水した跡が見られ、サビや汚れが目立ちます。このような状態はピット内だけで無く、エレベーターや建物自体の老朽化を引き起こします。

 

防水工事では、まずこのような汚れを洗浄し、ひび割れなどの劣化箇所を修繕していきます。

 

385DE6B9-4D90-4B15-9C58-97F0BA887AC4

 

 

D58649C7-267C-4B08-94A2-8558B332F5DB

 

 

こちらの2つはひび割れを修繕している時の写真です。

薬液をピンポイントで注入し、しっかりと止水を施しました。

 

エレベーターピット防水工事における、止水作業について、以前別の記事で詳しく説明致しましたので、気になる方は是非こちらもチェックしてみてください。

[エレベーターピットの防水工事ー劣化のサインを見分けるにはー]

 

 

 

49DA7CB0-1988-44C3-943E-554D8EB8C9C8

 

60FAF7E3-71F2-4E2E-A842-AD7F9532ADD6

 

ひび割れなどの劣化箇所を修繕後、その上から防水材を塗布して仕上げたのがこの状態です。

工事完了後は、この状態をご確認いただいてからのお引き渡しとなります。

 

 

[保険申請や工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

 

 

 

マンションの地下防水工事ー都内の工事はLASー

 

 

02D2BE3C-2F8C-4A72-ADF0-6B0E01262957

 

[目次]

○地下防水工事とは

○漏水被害が無い場合

○漏水被害がある場合

○工事ビフォーアフター

○まとめ

 

 

 

○地下防水工事について

 

外壁や屋上など、建物の劣化部分から漏水した水が最終的にたどり着いてしまう地下室では、蓄積された水分によって、カビや劣化などの被害が多く見られます。地下がコンクリートで出来ている場合は、コンクリートの継ぎ目部分は劣化するとかなり水を通すのが特徴です。繋ぎ目の部分の劣化からひび割れが生じるとセメント成分が劣化し、砂と砂の結合が弱くなってしまいます。地下室の漏水を放って置いてしまうと、流れだしたセメント成分によりコンクリートが剥がれ落ちる爆裂という現象が起き、建物の土台となる基礎に影響が及びます。建物を安全に保ち続けるためにも、まずは地下の防水工事について大切なポイントをしっかりと押さえていきましょう。

 

 

 

○漏水被害が無い場合

 

地下に漏水被害が無い場合、工事を行うポイントとしてまず、地下コンクリートにひび割れなどのこれから漏水被害が起きそうな箇所が無いかどうかの確認を行う必要があります。地下コンクリートにひび割れが見られた場合、ひび割れ補修を施し、コンクリートの修繕を図ります。用いる工法としては、バジリスクを用いる自己治癒型工法と、エポキシ樹脂注入工法の大きく分けて2つです。また、ポリウレタン樹脂をピンポイントでひび割れに充填し、水の道を閉塞致します。

 

 

 

○漏水被害がある場合

 

目に見える漏水被害がある場合や少しでも漏水した痕跡がある場合、背面止水工法という工法を用いて新たにコンクリートの内側の防水層を作り直します。勢いよく水が噴き出している場合には導水ホースを用いて水を排水口まで誘導してから、工事を行います。

 

ー背面止水注入工事とは ー 

地下構造のコンクリートの壁に穴をあけ、高炉スラグ微粒子注入材もしくはアクリルエマルジョン系防水材を躯体室内側より注入して、 防水層の劣化した不具合部のある地下構造物の躯体に新たに防水層を作る工法です。 特徴として高密な止水力でしっかりと浸水を遮断できたり、注入圧力、注入量が確認でき、施工管理が容易にできるためコストが抑えられやすいほか、既設コンクリートに漏水、背面還流水がある箇所など、様々な状態の浸水にも対応できるという優れたメリットを持っています。

またこれらの止水処理をせずに導水ホース等を用いて排水口まで誘導したままにする導水工法もありますが、排水は行えても、水が建物内にある状態であることには変わりありませんので、カビや異臭の被害が無くなる訳ではありません。漏水被害が見られた場合には、背面止水工法を用いて内側からしっかりと防水層を作ることをおすすめします。

 

 

 

○工事ビフォーアフター

 

<before>

IMG_4302
こちらが地下防水工事施行前の写真です。劣化箇所から漏水し、水が吹き出しています。

 

 

<after>

IMG_4303

 

こちらが防水工事施工後の写真です。背面止水注入工法にる止水を行い、吹き出ていた水をしっかりと抑えました。工事完了後はこちらの状態を確認いただいてからのお引渡しとなります。

 

 

まとめ

 

最後までお読みいただきありがとうございます。漏水被害による錆やバクテリアの繁殖へと繋がる前にも、軽度なうちから防水性を発揮できる状態に保っておくことが建物を様々な2次被害から守ることに繋がります。弊社では工事に関するご相談から、現場の状態調査まで無料で承っております。工事について気になる点がございましたら、ぜひお気兼ねなくご相談ください。

 

 

[関連記事]

 

ーー都内マンションのひび割れ補修工事!注目のバジリスクとはーー

 

[保険申請や工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

エレベーターピットの防水工事ー劣化のサインを見分けるにはー

IMG_4037

エレベーターピットの防水工事とは、ピット内の水溜りの排水処理を行うほか、薬液注入工法による水漏れの止水やひび割れの補修を施し、防水剤を施工することでピット内を頑丈に修繕し直すことを言います。地中にコンクリートを打設して作られるエレベーターピットは建物の最下部にあることから、定期的に点検を行わないと劣化のサインや漏水被害に気づきにくいのが特徴です。地震の影響やコンクリートの経年劣化により、ひび割れが発生すると、そこから建物をつたって雨水などが漏水し、錆びや老朽化など、様々な2次被害へと繋がります。そうなる前にも定期的に状態調査を行い、工事を施すことが大切です。

 

[目次]

○劣化のサインを見分けるには

○ピット内のひび割れ補修

○用いる防水材の特徴について

○作業の流れ

○まとめ

 

 

 

○劣化のサインを見分けるには

 エレベーターピットが劣化すると、ひび割れやその箇所からの漏水、水溜りなどが主な被害として現れます。放って置いてしまうと錆や異臭の原因となり、エレベーター自体の老朽化に繋がるため、どんな小さな劣化サインでも慎重に調べる必要があります。ですがその漏水被害は発見するのが難しく、一度漏水しても、気が付かない間に時間が経って乾燥してしまい、点検をした時には蒸発して見逃してしまう事例が多く見られます。そのため、漏水被害が出ているかどうかを見極めるには、点検をした際に水溜りが無くても、水が蒸発した様な跡が残っているかどうかまで見る必要があります。もしその様な痕跡が見られたら、コンクリートに生じたひび割れなどから、雨水などの水漏れが起こっているサインです。被害が軽度なうちに防水工事を施すことにより工事の規模も小さく、費用も抑えられるので、点検時に異変に気づかれた際は工事をおすすめします。

○ピット内のひび割れ補修

 弊社では薬液注入工法によるひび割れ箇所の修繕を行っております。薬液注入工法とは任意に固まる時間を調節できる薬液を特殊な機械を用いて高い圧力をかけて注入し、止水や地盤強化を図る工法です。この薬液注入工法による止水作業をした上で防水作業を行うことによって、しっかりとピットのひび割れや漏水を防ぐことに繋がります。水や地盤強化を図る工法です。

 [薬液注入工法の特徴]

・地盤が強化され、遮水性が高まる

・コンクリートの緻密な隙間まで充填できる

・漏水を完全にシャットアウトすることができる 

以前別の記事で、ひび割れ箇所の補修工法について、より詳しくご説明しています。

気になる方はぜひこちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

<建物のひび割れ修繕工事-都内マンションの工事はLAS->

 


○用いる防水材の特徴について

弊社では“ケイ酸質系防水材”と呼ばれる防水材を使用しております。

ケイ酸質系防水材”とは

 ケイ酸質系防水材には既調合粉体と水を練り混ぜて用いるI( アイ) タイプとエマルジョンと水、又は再乳化形粉末樹脂が混合された既調合粉体と水で練り混ぜて用いるPタイプの2種類があります。コンクリートの毛細管空隙を充填し、その量を減少させコンクリートの表面を緻密なものに変化させることにより、防水性能を付与するものです。塗布する事によりコンクリート躯体の養護と防水に優れた性能を発揮できます。

薬液注入による止水工法で遮水性を強化、そしてケイ酸質系防水材を施工することでより防水効果を発揮することができます。

○作業の流れ

 エレベーターピット内の調査

排水作業

乾燥

薬液注入工法によるひび割れの修繕

防水作業

トップコート材塗布

工事完了

お引き渡し

工事完了後は状態を確認いただいてからのお引き渡しとなります。

○まとめ

 最後までお読みいただきありがとうございます。劣化のサイン気づきにくい箇所であるからこそ、点検を行った際にはきちんと漏水していないか、劣化していないかを確認することがとても重要です。弊社では、工事に関するご相談から現場の状態調査まで、無料で承っております。気になる点がございましたら、お気兼ねなくご相談ください。

[関連記事]

ーー建物のひび割れ修繕工事-都内マンションの工事はLASーー

ーー港区 エレベーターピット防水工事ーー

[保険申請や工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都
(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

屋上防水工事ビフォーアフター 港区・中央区

 

屋上防水工事のビフォーアフター写真です。

前回の記事で詳しく工事について解説致しましたので、ぜひチェックしてみてください。

ーーマンションの防水工事、屋上からの漏水を防ぐ!ー港区・中央区の工事ーー

 

 

<before >

70416542-5578-40DF-A60B-791DA8338CBB

CD1F068A-9BB7-4D5E-97FB-63F32D6C48C9

 

 

 

こちらが工事施行前の屋上の状態です。

雨や乾燥の影響を受けて汚れや劣化が目立ちます。防水膜も均一でなく、薄くなって剥がれている箇所が多く見られます。

 

 

 

 

<After>

5520C2BE-758B-4F8E-B6AE-E60E5FFD17E8

55161256-6F5D-45A2-AAF0-610639FEB52C

 

 

こちらが防水工事施行後です。

汚れを高圧洗浄で落とし、樹脂などで劣化部分の修繕した後、防水材・トップコートを塗布しました。

お客様にお渡しする前に、一度この状態を確認していただいてからのお引き渡しとなります。

[関連記事]

 

ーー地下防水工事のビフォーアフター 港区ーー

ーー港区 エレベーターピット防水工事ーー

[工事に関するお問い合わせ]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉