オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

コンクリート壁から水漏れする原因とは?危険性や被害について解説!

 

地下防水工事 コンクリート 漏水 

 

 

 防水性が強いイメージのあるコンクリート壁ですが、一度水漏れしてしまうと、内部に水を通しやすく、腐食や様々な問題が起きやすいのが特徴です。

今回は、コンクリート壁から水漏れが起きる原因と、その危険性について詳しくご説明致します。

 

 

[目次]

○水漏れする原因

○コンクリート壁の水漏れは危険

○水漏れを防ぐには

○まとめ

 

 

 

○水漏れする原因

 

本来水を通しにくい性質のコンクリートですが、そのコンクリート自体に穴や亀裂が起きてしまうと、そこから水漏れの被害が生じてしまいます。

経年劣化によって生じる穴や亀裂は、徐々に建物の耐久性を左右するひび割れへと変化し、水が内部へと浸水する原因になってしまうのです。

ひび割れから水が内部に入ってしまうと、水が染み渡っている状態が続き、建物へ水漏れ被害を引き起こします。

 

 

 

 

○コンクリートからの水漏れは危険

 

コンクリート壁から水漏れが起きている場合は、危険信号のサインと言えます。

ひび割れなどから水漏れが発生すると、壁や周りが腐食する原因となり、どんどん老朽化していってしまうので注意が必要です。

水漏れ被害を放置してしまうと、コンクリートが水の影響によって脆くなり、剥がれ落ちて中の鉄筋がむき出しになる爆裂という現象が起きます。

またコンクリート壁からの水漏れは、建物の老朽化だけでなく、居住環境の衛生面にも大きく影響を及ぼします。

水漏れにより建物が湿っていると、カビやバクテリアが繁殖し、建物全体がカビ臭くなり、異臭被害の原因となってしまうのです。

被害が建物全体の耐久性にまで影響を及ぼす前にも、きちんと水漏れ対策を行うようにしましょう。

 

 

 

○水漏れを防ぐには

 

コンクリート壁からの水漏れを防ぐには、ひび割れなどの劣化部分の修繕を施すことと、水の侵入を遮断することが大切です。

まずひび割れの補修については、その状態に合った補修方法を用いて修繕を行います。

ひび割れ部分から既に水漏れが生じているのかどうかや、爆裂などの被害が起きていないかを調査し、様子を見ながら修繕していくことが重要です。

 

雨漏り対策でコンクリートを頑丈に!ひび割れ修復にはバジリスクが最適

そして、水を壁に近づけないことが、さらに浸水被害を防ぐ鍵になります。

水分をコンクリート壁から遮断するには、壁の結露を防ぐことが大切です。 結露の原因は、空気中に含まれる水蒸気が冷やされることによって水に戻ることで発生します。

基本的な結露を防止する対策としては、室内の水蒸気量を減らすことと、温度差を減らすことが大切です。

 

 

○まとめ

 

コンクリート壁から水漏れする原因や、その危険性について、ご理解いただけましたでしょうか。

コンクリート壁の水漏れに対しては、ひび割れなどの劣化箇所を修繕して止水作業を施すだけでなく、コンクリート自体の強度を高めてその後の防水性をUPする工事もあります。

水漏れやダメージが現れている箇所が見られる場合は、建物への耐久性や居住環境に影響が出る前にも、早めの対処をして被害を最小限に抑えるようにしましょう。

弊社では、工事に関するご相談から、現場の劣化状態の調査まで、無料で承っております。

気になることがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。 

 

 

[NEXT]

雨漏り対策でコンクリートを頑丈に!ひび割れ修復にはバジリスクが最適

[工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

 

 

 

 

建物が受ける紫外線のダメージは深刻?屋上の劣化は危険!

 

マンション大規模修繕工事

 

 

建物の最上部にある屋上は、紫外線や雨を直接浴びることから、天候によるダメージを受けやすいのが特徴です。

特に夏の時期になると、紫外線を浴び続ける時間が他の時期に比べて圧倒的に長いため、紫外線からのダメージが著しく現れます。

今回は紫外線から受ける屋上へのダメージや、その危険性について、詳しくご説明致します。

 

 

 

[目次]

○紫外線が及ぼす影響

○屋上のひび割れは危険

○ 被害を防ぐには

 ○屋上防水工事について

 

 

○紫外線が及ぼす影響

 

屋上 劣化 紫外線

 

 

強い紫外線を長時間浴び続けると、人間と同じように建物も、表面に様々な悪影響が出てきます。

紫外線には様々な作用がありますが、中でも建物の防水層を乾燥させる力が大きく働くのが特徴です。

表面の防水層が乾燥すると、上記の写真のように劣化して表面から剥がれていって、汚れが溜まっていってしまうほか、どんどん劣化が進んでいってしまいます。

そうして剥がれていってしまうと、その防水性が弱くなった箇所に更に悪天候のダメージが加わることで、亀裂やひび割れなどが生じて、屋上全体が劣化する原因となります。

 

 

 

○屋上のひび割れは危険

 

屋上にひび割れが発生してしまうと、そこから雨水などが侵入し、建物全体の漏水被害へと繋がっていってしまうため、細心の注意が必要です。

水に強いイメージがあるコンクリートも、紫外線や乾燥の影響を受けてひび割れが発生してしまうと、その少しの亀裂から水を吸収しやすく、実は漏水被害が起こりやすい特徴があります。

またその大きさによってひび割れの呼び方は異なり、建物への影響も大きく影響していきます。

幅0.3mm以下、長さ4mm以下ののひび割れをヘアクラックと呼び、ヘアクラック以上の幅、長さを越えるひび割れを構造クラックと呼び、どちらのひび割れも、放っておくとその深さが増して雨漏りや老朽化に繋がるので、早めの修復が必要です。

 

 

 

○被害を防ぐには

 

紫外線ダメージから建物を守るためには、このように発生した劣化部分を修復し、屋上の塗料を塗り替えることが大切です。

まずは汚れや、劣化している箇所を調べ上げ、適切な工事プランを作成することが必要になります。 

ひび割れなどの箇所に関しては、弊社ではバジリスクという補修材を用いて修復します。

ーー雨漏り対策でコンクリートを頑丈に!ひび割れ修復にはバジリスクが最適ーー

 ひび割れを補修することで、そこから生じるさらなる被害と防ぐことが大切です。

またその上から新しく防水層を作って、建設当初の防水性に戻すことで、より紫外線に負けない屋上を作ることができます。

 

 

○屋上防水工事について

 

屋上防水工事

 

紫外線の影響を受けて劣化した屋上には、適切な工事を施す必要があります。

塗料は主に、アクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料があり、それぞれ耐用年数が異なります。

また塗料を重ね塗りする事により、十分な防水効果が期待できます。

 

 

[NEXT]

マンションの屋上防水工事!都内の防水工事はLAS

 

[工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

マンションの改修工事って何するの?費用や修繕工事との違いについて

 

マンション 改修工事 

 

マンションの改修工事は、古くなった劣化箇所を修繕し、さらに新たな設備やシステムを建物に取り入れてグレードアップさせることを目的としています。 

そんな改修工事では、よく耳にする修繕工事とは何が異なるのか、工事の内容や、費用はいくらかかるのでしょうか。

今回は、マンションの改修工事の詳細について、詳しくご説明致します。

 

 

[目次]

○改修工事って?

○修繕工事との違いについて

○費用の目安

○工事費用を抑えるコツ

 

 

 

○改修工事って? 

 

改修工事とは、建物に新たに付加価値をつけ、グレードアップさせる工事のことを指します。

バリアフリー加工や新たなシステムの導入、耐震強度の向上など、マンションの機能性や利便性、安全性を強化させます。

そのようにして不動産価値を向上させることが、改修工事の目的です。

よくある大規模修繕工事とは少し違い、建物の修繕がメインというよりかは、新しく優れた建物に改修することが本意の工事となります。

 

 

○修繕工事との違いについて

 

・修繕工事

修繕工事とは、経年や何らかの外的要因によって劣化した箇所や設備などに対し、修理や取り替えなどの処置を行うこと工事になります。

そのため劣化箇所の修繕が工事のメインであり、それ以上の設備やシステムを導入する工事ではないのが特徴です。

およそ10年〜15年に一度のペースで修繕を行うことが目安とされており、建設当初の水準の耐久性を維持することが目的です。

 

 

・改修工事

マンションの耐久性を維持して水準を保つ修繕工事に対し、改修工事では、修繕だけでは得られないより高い性能や機能、利便性を取り入れるための工事になります。

”カメラ付きインターホンを設置して欲しい”、”階段にスロープをつけて欲しい”などといった、居住者の様々なニーズに答えられるように、マンションの性能をグレードアップしていく工事です。

 

 

そのように建物に改良を加えていくことで、時代の不動産価値に合わせて、新しい居住者を呼び込む秘訣になります。

 

 

 

○費用について

 

マンションに改修工事を取り入れる場合は、以下が費用の目安になります。

 

<改修工事>※目安

・入り口付近のスロープの設置と10箇所の段差解消など  350万円
・滑り止め付きスロープの設置             300万円
・エレベーターの新設                2,300万円
・宅配ロッカーの設置                 60万円
・インターホンカメラ                15万円/戸

 

上記の価格はあくまで目安になるので、マンションの状態に合わせて変動する場合があります。

 

 

 

○工事費用を抑えるコツ

 

マンションの修繕をしてから、プラス価値としてさらに建物をグレードアップをさせる手段を用いるのは、改修工事を行う際によく見られる方法の一つです。

その際に、外壁の修繕工事や屋根、屋上の修繕工事に関して、火災保険の申請をして保険金を受け取り、工事費用を浮かして上手に改修費用に回すことが可能になります。

火災保険が適用して修繕が施せる主な箇所としては、

 

・屋上、屋根

・外壁、外壁タイル

・共用部分(主に屋外)

・コンクリートのひび割れ

 

などがあります。

火災保険を適用してマンションの修繕をするには、きちんとした工事プランの作成や申請手続きが必要となります。

 

ーーーマンションの大規模修繕工事、火災保険や改修の費用まで詳しく解説!ーーー

 

 

○まとめ

 

改修工事と修繕工事では、それぞれ目的が異なり、費用や必要な作業も違ってきます。

まずは工事後のメリットや要望をきちんと定めて、それにあった工事を施すことが大切です。

 それぞれ正しいやり方で工事を用いて、建物の不動産価値を向上させましょう。

 

 

<NEXT>

ーーーマンションの大規模修繕工事、火災保険や改修の費用まで詳しく解説!ーーー

 

[工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

 

外壁のタイルは剥がれやすい?劣化と脆くなる原因を徹底検証!

 

マンション大規模修繕工事

 

マンションの外壁で人気のあるタイル貼り。

実は天候による影響や、経年劣化によって脆くなりやすく、放置しておくと剥がれ落ちてしまうことがあります。

落下して第三者に被害を出さないためにも、今回はタイルが劣化しやすくなる原因とその対処法について、徹底解説します!

 

 

[目次]

○タイルが劣化する原因

○外壁タイルが落ちる可能性はある?

○落下を防ぐには

○工事って何をするの?

 

 

 

○タイルが劣化する原因

外壁タイルが劣化する原因には様々なものがありますが、年数が経過するにつれて、そのダメージはどんどん深刻化していきます。

外壁タイルは、外の空気に触れるていることにより、天候によるダメージを受けやすいのが特徴です。

雨や紫外線を長時間浴び続けることによって、外壁の表面を覆っている防水層が脆くなっていきます。

劣化する主な原因をまとめると、

 

・雨や台風などの自然災害

・強い紫外線

・乾燥

・地震による影響

・表面への強い衝撃

 

などが挙げられます。

外壁タイルの劣化を防ぐには、本来の防水性や耐紫外線性を発揮させ、丈夫に保ち続けることが必要になります。

 

 

 

○外壁タイルが落ちる可能性はある?

外壁タイルが劣化すると、剥がれやすい状態になり、場合によっては落ちてしまうこともあります。

自然災害による影響や、長年に渡って蓄積されたダメージから、タイルとモルタル(タイルが貼り付けられているセメントの様なもの)の間に徐々に隙間が生じて、タイルの接着強度が弱くなります。

そうのようにして生じた隙間を放って置いてしまうと、徐々に隙間が大きくなっていき、タイルが剥がれて落下する危険性に繋がってしまうのです。

建設当初や、過去に修繕工事を施工された時から時間が経っているのを放って置いてしまうと、知らぬ間にタイルが剥がれやすくなっている可能性があります。

タイルが剥がれ落ちて、第三者に被害が出てしまう最悪の事態のならないように、年数が経っている場合や劣化が気になる場合は、きちんと外壁の状態調査を行うようにしましょう。

 

 

 

 

○落下を防ぐには

タイルの落下を防止するには、タイルとモルタルとの接着面を強化し、外壁の耐久性を建設当初と同等なレベルに保つ必要があります。

落ちる前に工事を依頼することも大切ですが、まずはタイルがどれくらいの劣化状態にあるのかをきちんと調べることが大切です。

劣化状態を隈なく調査することで、その後の修繕の工法をきちんと選んで施工することができます。

また調査により、工事が必要となる原因が自然災害による影響である場合は、火災保険を申請して工事費を節約することも可能です。

火災保険が適用される条件や、申請の詳しい方法について気になる方は、ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

 

<<<火災保険って外壁工事に適用できるの?申請の方法やポイントについて>>>

 

 

 

○工事って何をするの?

 

外壁タイルの工事においては、主に足場を設置して行う工事になります。

まずは劣化状態を念入りに調査して、モルタルとの隙間やタイル自体の耐久性を調べていきます。

その後、劣化状態に合わせて補強作業を行い、保護材を塗布して、工事後の耐久性をUPさせます。

 

 

[NEXT]

<<<外壁タイル補強工事、費用や手順について徹底解説!>>>

 

 

 

 

[工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

 

 

 

火災保険って外壁工事に適用できるの?申請の方法やポイントについて

 

 

マンション大規模修繕工事

 

 

マンションの外壁工事やその他の工事において、火災保険を適用してお得に工事が施行できることをご存知ですか?

外壁は天候の影響を受けて工事が必要となる箇所が多いので、保険の申請が通りやすく、工事費用を節約することが可能になります。

今回は、外壁工事の内容から、火災保険申請のポイントまで、徹底解説します!

 

 

[目次]

○外壁工事と火災保険

○申請の流れ

○申請時のポイント

○外壁以外の工事について

 

 

 

○外壁工事と火災保険

 

年数が経つにつれて劣化していった箇所を修繕し、より外壁を丈夫な状態に戻すことが、外壁工事の主な目的です。

建設当初や以前行った工事の施工時と比べて、弱くなっていった外壁の防水層をリニューアルしたり、塗料を塗って新たな防水層を作ることで、外壁の耐久性を向上させます。

そんな外壁工事は、雨や紫外線、風などの天候による自然災害からの影響を受けて工事が必要となることが多いのが特徴です。

そのため、火災保険の認定箇所として保険金を受け取り、工事費用を削減できる場合が多くあります。

 

 

 

○保険申請の仕方

 

火災保険を適用して外壁の修繕工事を行うには、まず建物の劣化状態を調査する必要があります。

この際に外壁の劣化状態を詳しく調べて、どの箇所が工事が必要となり、保険の申請箇所となるのかをデータ化する作業が必要です。

その後、保険の鑑定人に、”現地調査報告書”の提出と“工事見積書”を提出して被害箇所の説明をします。

申請が認められると、保険金を受理して工事を施工することができます。

 

 

 

 

○申請の流れ

 

劣化状態の調査

お見積もり作成

申請

保険金受け取り

工事

 

○申請時のポイント

 

”現地調査報告書”と”工事見積書”を提出して火災保険を申請する際、工事が必要な箇所を徹底的に調べ上げ、データとしてまとめる必要があります。

その際、建物の劣化箇所だけでなく、これから被害が現れそうになる箇所まできちんと発見し、それを踏まえた上で申請することが大切です。

劣化状態の調査を先に行って事前に工事プランを見積もることで、 工事範囲をくまなく、漏れがないように保険の申請を行えるようになります。

その点を心掛けることが、十分な保険金を受け取れるための重要なポイントになります

弊社は工事前の調査から、保険申請や工事の施工まで、一貫して行っている業者です。

調査から工事の施行まで、一貫して同じ業者が行うことで、申請漏れや工事箇所の漏れを防ぎ、豊富な知識で隈なく工事を施すことができます。

費用の面でも技術の面でも、無駄のない万全のサポート体制を構築し、それぞれの建物の状態に適した工事を施すことが、弊社が心がけている大切なポイントです。

 

 

 

 

○外壁以外の工事について

 

火災保険を適用して費用を浮かすことができる工事は、外壁タイルの他にも、様々なものがあります。

屋上や共用部、コンクリート部分などの箇所も、保険を申請してお得に工事を施すことができるので、外壁工事と一緒に検討してみるのもおすすめです。

気になる方はぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

 

<<<マンションの修繕費を火災保険で抑える!株式会社LAS>>>

 

 

 

[保険申請や工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

 

紫外線による建物へのダメージは大きい?屋上や外壁の劣化について

 

マンション大規模修繕工事 紫外線

 

初夏から夏本番にかけて、紫外線が強くなる日本では、人だけでなくマンションやビルなどの建物もその影響を大きく受けます。

紫外線によってダメージを受けて劣化した箇所に、さらに雨が降り注いだりすると、建物内部の漏水被害の原因となったり、老朽化する原因となるので注意が必要です。

今回は、これから始まる夏本番に向けて、建物が紫外線から受ける影響と、その対策についてご紹介します。

 

 

[目次]

○紫外線によるダメージ

○放置は建物の老朽化に

○紫外線ダメージを防ぐ対策

 

 

 

○紫外線によるダメージ

 

屋上や外壁など、建物の中で外気に直接面している箇所は、長時間紫外線に晒されることで、様々なダメージが生じます。

 

・外壁の色褪せ

紫外線には、色を分解する力があるため、日の光を直接浴びる外壁は、年数が経つに連れて徐々に色褪せていってしまいます。

色が褪せてきている場合は、そこから表面の劣化が進みやすくなるため、周囲が必要です。

以前と建物の外観が違うと気がついた際は、早めの対処を行うことをお勧めします。

 

・塗料の剥がれ

建物の表面を覆っている塗料は、紫外線を浴び続けることで脆くなっていき、乾燥や雨による影響を受けることで、劣化して表面から剥がれていってしまいます。

また外壁がタイル張りである場合は、紫外線のダメージを受けると、表面を手で擦った時に白い粉が付着する”チョーキング現象”が見られるようになるのが特徴です。

ーーー外壁のチョーキング現象、原因から修繕工事まで徹底解説!ーーー

 

・乾燥によるひび割れの発生

紫外線を浴びたことによる乾燥から、亀裂やひび割れなどが生じやすくなります。

ヘアクラックと呼ばれる小さな亀裂から、構造クラックという大きなひび割れまで、放っておくと建物の強度に影響する要因になります。

また建設時から年数が経過していると、よりひび割れが起きやすい状態になっているので注意が必要です。

 

・防水層の劣化

外の天候や外気から建物を守っている表面が、長い時間紫外線を浴び続けることによって、防水層が劣化する現象が起きしていきます。

乾燥してひび割れが起きた箇所は、雨が降り注ぐと内部へと水が侵入し、その後また紫外線を浴びることで、中の水分が蒸発するという工程が繰り返されてしまいます。

この工程が繰り返されると、表面の劣化が進んで本来の防水性が発揮されなくなり、建物内部の漏水被害の原因となっていきます。

ーーーマンションの屋上防水工事!都内の防水工事はLASーーー

 

 

○放置は建物の老朽化に

 

上記でご説明したように、紫外線が建物に与えるダメージはとても大きく、ありとあらゆる箇所に影響を及ぼします。

外壁の色が褪せるなど、外観のイメージを悪くするだけでなく、表面の塗料や防水層が劣化することで、内部の様々な二次被害に繋がる原因となるので、紫外線の影響を受けた状態を決して放置しないことが重要です。

放置してしまうと、建物の防水性がきちんと機能しなくなり、雨漏りや漏水の原因となるほか、内部の鉄筋や鉄骨が錆びて腐食し、建物全体の老朽化が進んでしまいます。

少しでも建物の異常を感じたら、早めの対策を行うようにしましょう。

 

 

 

○紫外線ダメージを防ぐ対策

 

紫外線ダメージから建物を守るためには、外壁や屋上の塗料を塗り替えることがもっとも効果的です。

建設当初から年数が経過してきている場合は、特に紫外線や雨などの影響を受けやすく、建物が劣化しやすい状態にあります。

表面の塗料を塗り替える工事を行うことで、耐久性を向上させることが重要です。

 

<NEXT>

ーーー外壁修繕で建物をリニューアル!マンションの工事はLASーーー

 

[工事のご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

 

 

 

 

雨漏り対策でコンクリートを頑丈に!ひび割れ修復にはバジリスクが最適

 

雨漏り

 

 雨が多くなるこの季節は、建物もその影響を大きく受けます。

コンクリート構造の建物は、年数が経つにつれてひび割れや亀裂が生じ、そこから雨漏りや建物内部へ雨水が漏水する原因となります。

今回は、コンクリートを修復しながら頑丈な状態へ戻す”バジリスク”という補修材について、その工法から期待できる効果について、詳しくご説明致します。

 

 

[目次] 

○コンクリート構造は雨漏りする?

○ひび割れの修復は早めに

○バジリスクとは

○コンクリートを頑丈にするメカニズム

○その他の修復方法

 

 

 

 

○コンクリート構造は雨漏りする?

 

一見水に強いイメージを持たれがちなコンクリートですが、少しの亀裂から水を吸収する性質があり、脆くなりやすい点から、実は雨漏りも多く見られるのが特徴です。

大丈夫かな…と思って放って置いてしまうと、気がついた時には内部の鉄筋が錆びてコンクリートが崩れていくといった現象も少なくありません。

劣化の状態や雨漏りの原因に関しては、さらなる二次被害へと繋がる前にも、早めに原因を特定して対策を取ることが大切です。

 

 ーーコンクリートは漏水しやすい?雨漏りの影響や劣化について徹底解説!ーー 

 

 

 

○ひび割れの修復は早めに

 

コンクリート構造の雨漏りの原因となるのが、経年劣化によって生じたひび割れ箇所からの漏水になります。

ひび割れはその大きさによって呼び方が異なり、それによって建物への影響も大きく影響していきます。

幅0.3mm以下、長さ4mm以下ののひび割れをヘアクラックと呼び、ヘアクラック以上の幅、長さを越えるひび割れを構造クラックと呼び、どちらのひび割れも、放っておくとその深さが増して雨漏りや老朽化に繋がるので、早めの修復が必要です。

 

 

○バジリスクとは

 

弊社ではひび割れ修復工事において、バジリスクという自己治癒型技術を持った修復剤を推奨しております。

バジリスクとは、バクテリアの代謝活動を利用した液状のひび割れ補修剤で、コンクリート材に含まれる微生物がコンクリートのひび割れを自動的に修復する特徴を持っています。

1回の塗布で0.2~0.3mmのひび割れ を、2-3回の塗布で最大0.6mmのひび割れを修復することができます。コンクリート中に特殊なバクテリアと栄養分のカルシウム有機塩を混入することで、コンクリートにひび割れが発生した際にバクテリアの代謝活動によって損傷を自動的に修復するようになっています。

 

 

○コンクリートを頑丈にするメカニズム

 

バジリスクの中に含まれるバクテリアを乾燥状態にすることで、エサとなる乳酸カルシウムといった栄養素と一緒に顆粒化させコンクリート製造時に混入し、コンクリート硬化させることができます。

ひび割れが発生した場合、雨水などの水分が浸入すると酸素を有する環境下でバクテリアが復活し、栄養分を吸収して炭酸カルシウムを生み出しひび割れを閉塞し、内部の鉄筋腐食を防止することができます。

バクテリアの代謝活動で発生した二酸化炭素は、カルシウムやコンクリート中のセメントと結合して炭酸カルシウムになり、ひび割れや細孔内部を埋めていきます。

 

 

 

○その他の修復方法

 

バジリスク以外の修復法としては、主にエポキシ樹脂やアクリル樹脂を用いて修繕します。

これらの方法は、バジリスクのようにコンクリート自体から強化させて修復するのではなく、ひび割れの箇所にピンポイントで薬液を注入する方法です。

漏水被害があるかそうでないかによって、使える薬液を選ぶ必要があるので、その劣化状態に合わせた方法で施工していきます。

 

 

[工事のご相談]

03-6315-4194

 

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

 

コンクリートは漏水しやすい?雨漏りの影響や劣化について徹底解説!

 

コンクリ 浸水 雨漏り

 

コンクリートは一見頑丈に見えますが、年数が経つと他の箇所と同じように徐々に劣化していきます。

特に6〜7月にかけての梅雨のこの季節は、雨水を受け続けるため水を含みやすく、脆くなった部分から漏水被害が起きしてしまうことがあります。

今回は、コンクリートから雨漏りする可能性や、劣化状態の表れ方について、詳しくご紹介していきます。

 

 

[目次]

○コンクリートから雨漏りする可能性

○水を通しやすくなる原因

○どんな対策が必要?

 

 

 

○コンクリートから雨漏りする可能性

 

建物が鉄筋コンクリートで構築されている場合、経年劣化や天候など、様々な要因が積み重なることで、コンクリートのひび割れが発生する可能性が高くなります。

ひび割れが発生してしまうと、その部分から雨や風などがのダメージをより受けやすくなり、雨漏りや漏水被害を引き起こす原因となります。

本来は水分を遮断する性質が強いコンクリートですが、ひび割れが生じてしまうとその部分から水分を吸収しやすく、脆くなって水を通しやすくなるのが特徴です。

 

 

 

○水を通しやすくなる原因

 

環境の影響にさらされると、コンクリートは様々な要因から水を通しやすくなります。

 

乾燥収縮や気温変化によるひび割れの発生

 

コンクリートが劣化する主な原因となるのが、乾燥収縮や気温変化によるひび割れの発生です。

外気の影響により、コンクリート内部の水分が蒸発することでコンクリートが収縮し、引っ張られたコンクリートが耐え切れず、ひび割れが発生してしまいます。

また温度が高くなると伸び、低くなると縮む性質があるため、気温の変化からもひび割れが生じやすいのが特徴です。

気温により伸びたり縮んだりした時の変動の力が、コンクリート耐久強度を上回ってしまうと、その衝撃に耐えられずひび割れが発生してしまいます。

 

 

・コンクリートの中性化

 

年数が経つにつれて、二酸化炭素とコンクリートが触れる時間が多くなると、コンクリート内部のカルシウム化合物が徐々に中性化していきます。

コンクリートが中性化すると、ひび割れなどの劣化部分から雨水や空気が侵入して、爆裂という現象が起きやすくなります。

爆裂とは、コンクリート内部に空気や雨水が侵入することで、鉄筋が錆びて膨張し、コンクリートを押し出してきてしまう現象のことです。

爆裂が起きると、水分を吸収して耐久度に大きく影響を及ぼすので注意が必要です。

 

 

・防水層の劣化

 

屋上コンクリートは、建物の中でも特に雨や紫外線の影響を強く受けるため、防水層が劣化しやすい傾向にあります。

防水層が劣化すると、床部分が剥がれてボロボロになり、脆くなった部分から水が侵入して雨漏りや、内部の腐食の原因になります。

建物の最上部に位置していることから、屋上から浸水してしまうと、そこからどんどん水が下部へと流れ込んでいってしまうので、鉄筋だけでなく、ありとあらゆる箇所に被害が広がりやすい傾向があるので、注意が必要です。

 

 

 

○どんな対策が必要?

 

漏水被害を防ぐには、劣化した箇所を修復してコンクリートの状態を頑丈に戻す必要です。

ひび割れを素材から根本的に修復したり、老朽化している箇所を補強することで、コンクリートの耐久性を強度させ、雨漏りや漏水を防ぎます。

ーーー 雨漏り対策でコンクリートを頑丈に!ひび割れ修復にはバジリスクが最適 ーーー

<NEXT>

ーーーコンクリートのひび割れ補強工事ーーー

 

[工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

 

 

 

マンションの屋上防水工事!都内の防水工事はLAS

 

 

屋上防水工事

 

雨や紫外線など、天候の影響を強く受ける屋上は、年数が経つにつれ乾燥による防水層の剥がれや、ひび割れ、錆などが生じ、本来の機能性を発揮しなくなっていきます。屋上の劣化を放って置いてしまうと、雨漏りの原因となり、建物の様々な箇所の劣化に繋がっていくため、まだ状態が軽度なうちからきちんと防水工事を施すことが大切です。今回はこの屋上防水工事について、詳しくご説明致します。

 

 

[目次]

○工事について

○工事の流れ

○火災保険を適用するには

○防水材の種類

○まとめ

 

 

 

○工事について

 

屋上防水工事 

 

屋上防水工事では、まず劣化状態の状態調査から始まります。この状態調査に基づいて工事プランの作成後、火災保険を申請する場合は、被害箇所を隈なくまとめ、調査報告書を作成していきます。屋上の工事に関しては、雨風による劣化や雨漏りによって生じる破損、ひび割れなどが多く見られるため、火災保険が適用となる被害箇所が多く、申請するのに必要な証拠をきちんと揃えることができ、保険が適用されやすい工事であるのが事実です。

ーーマンションの大規模修繕工事、火災保険や改修の費用まで詳しく解説!ーー

 

状態を調査した後は、劣化した下地を除去し、高圧洗浄機で汚れを落として、ひび割れなどの劣化箇所に修繕を施していきます。修繕を行って屋上の止水性能を強化させた後、プライマーと呼ばれる接着剤を塗布し、通気緩衝工法を必要とする場合には、通気緩衝シートを貼り付けていきます。そしその上から防水材を塗布し、最後にトップコートを重ねて完成です。

 

○工事の流れ

 

屋上の劣化状態の調査

用いる工事、工法の決定

お見積もり作成

ご契約

工事

工事完了

ご確認、お引き渡し

工事完了後、状態をご確認いただいてからのお引き渡しとなります。

 

○防水材について

屋上の防水性能を強化させる防水材においては、弊社では主に5種類あり、それぞれ工法や特徴、耐用年数が異なります。屋上や建物の状態にあわせて、用いる防水材を決定します。

 アスファルト防水 耐用年数:約17〜20年

  アスファルトに合成繊維不織布を含ませて作ったシート状の建材を貼り重ねる工法で、防水性が高く、耐用年数が比較的長いのが特徴です。アスファルト防水の中には、熱工法、トーチ工法、常温工法と3種類に分かれており、それぞれ費用や工期が異なります。

 

② ウレタン防水 耐用年数:約10〜12年

太陽光に反射効果を持つ、遮熱塗料の塗布が可能で、面積が広い屋上では、コストパフォーマンスが上がります。ウレタン防水を紫外線劣化から保護するため、表面にトップコートと呼ばれる保護材が塗られており、そのトップコートを定期的に塗る必要がありますが、定期的にトップコートを塗ることで防水層の劣化速度を遅くし、結果的に建物のランニングコスト低下につながります。

 

③ FRP防水 耐用年数:約10年

補強した繊維強化プラスチックを用いた工法で、強度な防水層が形成できます。軽量という特徴もあり、木造の屋上への施工が適している場合が多く見られる工法です。こちらも定期的にトップコートを塗ることで長期なコストパーフォマンスの向上が可能です。

 

④ 塩ビシート防水 耐用年数:約10〜13年

塩化ビニールから作られた防水シートを下地に貼り付けて行う工法です。シートが変芸自在なため、狭い場所や、複雑な形状をしたところにも施工可能なのが特徴としてあげられます。また耐久性が高く、施工時の美しい状態を維持しやすいという特徴があります。

 

⑤ ゴムシート防水 耐用年数:約10〜12年

合成ゴムから作られた防水シートを下地に貼り付けて行う工法です。塩ビシート防水とは異なって狭い場所や複雑な形状をした場所の工事には向いていませんが、工期が短期間で済み、施工しやすく、コストが抑えられるといったメリットがあります。

 

 

○まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。弊社ではお電話での工事に関するご相談から現場の劣化状態の調査まで、無料で承っております。気になる点がございましたら、お気兼ねなくご相談ください。

[関連記事]

ーーマンションの大規模修繕工事、火災保険や改修の費用まで詳しく解説!ーー

[保険申請や工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉

落下してからでは遅い!マンションの外壁タイル剥落防止補強工事について

 

外壁工事

 

マンションの外観でもある外壁タイルは、年数が経つにつれてタイルとモルタルとの間に隙間が生じていきます。脆くなってタイルが剥がれ落ちて第三者が怪我をする前にも、きちんと工事を取り入れ、外壁のメンテナンスを行うことが大切です。今回は。この外壁タイル剥落防止補強工事について、詳しくご説明致します。

 

 

 

[目次]

○状態調査について

○工事の流れ

○火災保険について

○まとめ

 

 

 

 

○状態調査について 

 

弊社では、まず外壁の劣化状態を調査し、その調査に基づいて工事プランを作成していきます。外壁の汚れやタイルの剥がれ・変色等を目視確認し、並行してハンマーで打診調査を行っていきます。打診調査とは、ハンマーなどの専用器具を用いて外壁タイルやモルタルの表面を叩き、その衝撃音からタイルや下地モルタルとの浮きの状態を確かめる調査方法です。”打診法”などとも呼ばれています。

また外壁の工事においては、自然災害の影響を受けて工事が必要となる箇所であるため、火災保険が適用される場合が多くあります。火災保険を申請するにあたっても、この劣化状態の状態調査に基づいて、工事の被害箇所の調査報告書を提出致します。

 

 

○工事の流れ

 

状態調査後の具体的な流れを説明すると、まず劣化状態にあわせて既存タイルを傷つけないように高圧洗浄や洗浄剤を用いて表面の汚れを落としていきます。工事を施す上でとても重要になるのが、打診調査によって確認されたタイルやモルタル間に生じている浮きをしっかりと補修する外壁の下地処理です。この下地処理では、ボンドピニングという工法を用いて外壁とタイルの間に生じた隙間を修繕します。劣化部分を修繕後、外壁用の保護材を塗布してタイルを補強し、最後に施工箇所の状態確認を行い、工事完了となります。

 

 

現場の劣化調査

用いる工法の決定

既存タイルの洗浄

薬液注入による劣化部分の修繕

外壁タイル保護材の塗布

工事完了

お引き渡し

工事完了後、状態を確認いただいて、ご納得いただけましたらお引き渡しとなります。

 

 

 

 

○火災保険の申請について

 

火災保険を適用してマンションの修繕工事を行うには、まず建物の劣化状態を調査し、保険の鑑定人と被害箇所の認定を行う必要があります。工事箇所の被害を状態調査で確認後、”現地調査報告書”の提出と“工事見積書”の説明をし、保険の申請が認められると、申請主(お客様)に保険金が渡され、工事を施します。現場の劣化状態の調査を先に行い、事前に工事プランを見積もることで、 工事範囲をくまなく、漏れがないように保険の申請を行えるようになります。

こちらの記事にて申請に関するポイントについてより詳しく説明していますので、気になる方はぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

ーーマンションの大規模修繕工事、火災保険や改修の費用まで詳しく解説!ーー

 

 

 

 

○タイル保護塗料

 

弊社が用いる外壁タイル保護材は、主にスカイコートWとセブンSの2種類です。

<スカイコートW>

・タイルの外観を維持する高い透明度

・頑丈かつ柔軟な優れた伸縮性

・環境や人間に配慮したオール水系材料

 

<セブンS>

・優れた防水性で外壁からの浸水被害を防ぐ

・タイルの外観を維持する高い透明度

・5段階に分けて施工する頑丈な補強力

 

 

 

 

 

 

 

 

 ○まとめ

 

最後までお読みいただきありがとうございます。劣化箇所を見逃さず、火災保険を適用してお得に工事を行うには、現場の調査から保険の申請、工事の施工まで、一貫して行うことがとても重要です。 弊社では工事に関するご相談から現場の状態調査まで、無料で承っております。気になる点がございましたら、どうぞお気兼ねなくご相談ください。

 

[関連記事]

ーーマンションの大規模修繕工事、火災保険や改修の費用まで詳しく解説!ーー

 

 

[保険申請や工事に関してのご相談]

03-6315-4194

[工事可能エリア]

東京都

(港区・中央区・豊島区・新宿区・世田谷区・渋谷区・大田区・千代田区・文京区・足立区・板橋区・練馬区・台東区・杉並区・葛飾区・北区・目黒区・江東区・墨田区・荒川区・中野区)

神奈川・埼玉・千葉