営業品目 対応可能工事一覧

外壁

建築年数が経過し、屋上防水層の剥離、劣化。
外壁面のひび割れや塗装の浮き剥がれ、サッシやドア、各種点検口、ハッチ部、吸排気ダクトなどのシーリングの劣化により防水効果が効いていない状態にある場合、早期診断と改修工事が必要となります。

軽微な状態であれば部分的な修繕工事で済みますが、全体的に広がってしまっている場合、大規模な工事が必要となります。

当社は各種防水工事をはじめ、外壁補修工事から仕上の塗装まで全てを承ることが可能です。

浸透性塗膜防水

SUN75_uchippanashikonkuritex1320tex_TP_V1

浸透性防水とは、コンクリート表面に塗布すると内部に浸透して、表面付近に防水層をつくる工法です。

けい酸質表面含浸材を使い、打ちっぱなしコンクリートとその内部の微小などの隙間に浸透してコンクリートの空隙を埋めるため外壁やコンクリートや本体が強化され水分の浸透を防ぎます。

用途としては、コンクリート躯体や外壁の防水だけでなく、施工適合箇所は、地下内外壁、地下ピット、エレベーターピット、受水槽、防火水槽、雨水槽などに用いられます。

 

 

透明外壁防水材施工

外壁工事

タイル外壁などの意匠を損なわずに施工できる、透明外壁防水材での施工も承っています。

いままではタイルなどの外壁に対して、透明のクリアー塗装を行うことくらいでしか防水性を高めることはできませんでした。

詳しくはコチラに記載があります。

弊社でもコチラのスカイコートWの施工を承っておりますのでお問い合わせください。

外壁の剥離

クラック

家の外壁は、降り注ぐ紫外線や雨、風などに365日毎日さらされており、少しずつ経年劣化しています。

外壁に生じる劣化のうち、「剥がれ」に関しては、塗装を行った業者の施工不良などの「経年劣化以外の原因」で発生することが多いため、発生したときは様々な原因を考えなくてはなりません。

剥がれが一度始まった箇所を放置してしまうと、そこから雨水などが外壁内に浸水し、外壁の塗装をどんどん剥がし、剥がれている面積をさらに広げてしまいますので、早期に補修を施しましょう。

塗装工事

Fotolia_157610682_Subscription_Monthly_XXL-960x640

「塗装」の役割は建物の「色」の維持と思われがちですが、建物を紫外線や水から守るという重要な役目が有ります。

塗替えの際は下地の補修・処理及び下塗りを適切に行うことが重要になります。

基本的には下記の工程と材料費を見積もりさせて頂きますので、お問い合わせください。

工程 : 足場架設、高圧洗浄、養生、飛散防止ネット、シーリング、下地補修、下塗り

塗料 : アクリル系塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素系塗料

シーリング剥離

pixta_16480774_M-960x638

新築から数年経ち、まず最初に傷みだすのがシーリング箇所です。

主な原因としては、目地幅・目地深さ不足、プライマー塗布がない、三面接着などがあります。

シーリングは、使用環境によっても違いますが、約10年で改修工事が必要となります。シーリングの劣化で、老化が始まり痩せた状態を放置すると、劣化がさらに進みます。さらに放っておくとひび割れが発生、破断、剥離となります。

急な対応も承ってます

急な対応

屋根や外壁の事でお悩みやご相談、外部からの浸水による室内への雨漏りなど、急な対応を要する場合はお気軽にご相談ください。
当社スタッフが適切な対応をさせて頂きます。

ただ一時的な補修工事をするのではなく、全体を綺麗に補修、修繕後に塗装やタイルなどで綺麗にすることも可能です。
一時的な処置をする場合も、部分的な補修をする場合も足場などを組む場合にかかる手間や費用は変わりません。状態に応じたアドバイス、お見積りもさせて頂きます。